土曜日も診療
大阪市 天王寺の皮膚科 坂本クリニック

しみ・あざ 大阪市阿倍野区の皮膚科 坂本クリニック

皮 膚 科

しみ・あざ

見た目の印象を変えてしまうしみやあざでお悩みの方は多いです。
当クリニックでは皆さまのお悩みを軽減し、より良い日常生活をお過ごしいただくため、しみやあざの治療も行っております。

原因

しみやあざにも種類が様々あり、老人性色素斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着、遅発性両側性太田母斑様色素斑、扁平母斑、太田母斑、などが挙げられます。

これらは原因も様々ですので、治療法も異なります。ご自宅での美白化粧品を使ってかぶれてしまったり、気づかないうちについ触り過ぎたり、こすってしまっていたりする場合もあり、しみやあざが濃くなってしまうこともあります。
まずは皮膚科を受診していただき、専門的な診察を受け、適切な治療をすることが大切です。

このように治療していきます

外用薬による治療

肌質やしみの大きさ、予算に合わせて様々な治療法があります。
坂本クリニックでは最新のレーザー(ザ ルビーナノQ)を導入しており、周囲への熱影響を最小限に抑え、炎症後色素沈着や瘢痕(はんこん)のリスクを軽減できます。また高いピークパワーにより、深いしみにも治療が可能です。
安全で効果の出る治療を行うことができます。


しみやあざのうち、Qスイッチルビーレーザーが保険適用となるもの

遅発性両側性
太田母斑様色素斑
おおよそ成人以降に両頬にできる濃いシミ
扁平母斑 ミルクコーヒーのような薄茶色の色素班です
異所性蒙古斑 背中やお尻以外にできる蒙古斑
外傷性色素沈着 怪我の後で時間が経過しても消えない色素班
太田母斑 乳幼児や思春期以降に目立つ、顔の青~茶色のあざ

しみ、あざの種類・状態に応じてレーザー照射を行います。種類や程度により、複数回の照射が必要となります。


レーザー治療の前後

化粧などを落とし、麻酔テープを患部に貼ります。

レーザーを施行、創傷被覆材を貼り湿潤状態を保ちます。湿潤状態を保つことにより、皮膚が早く再生されます。できるだけ長く(10日ほど)被覆すると治りが早くなります。

刺激を避け、カサブタは無理にはがさない様にします。感染予防のためシャワー浴にします。薄いカサブタが剥がれたピンク色の皮膚は1~2カ月で周りの皮膚に馴染んできます。

刺激を避けて、日焼け止めを塗るようにしてください。