あべのハルカス坂本耳鼻咽喉科 大阪市阿倍野区天王寺の耳鼻科

ご挨拶 ご挨拶

総括院長からのご挨拶

総括院長からのご挨拶

大阪回生病院、JCHO大阪病院(旧大阪厚生年金病院)を経て、あべのハルカス坂本耳鼻咽喉科クリニックの総括院長として着任いたしました。

当クリニックは耳や鼻、のどにおける疾患を専門に診察するクリニックです。天王寺というう場所柄、老若男女を問わず、なおかつ遠方からも多くの患者さんが診療にお越しになられています。
グループの診療方針である「的確な診断」「最先端医療施設との連携」「患者さんにとって心地よい接遇の充実」等に基づき、それぞれの方の症状、ライフスタイルに応じた診療を行ってまいります。
また、社会人や学生の方などお忙しくされている方が快適に診療を受けていただけるよう、他の先生方、スタッフと協力しながら「お待たせしない診療」にも取り組む所存です。

また、前病院に引き続いて、当クリニックに於いても「大阪ボイスセンター」として音声外来も行ってまいります。
これまでの経験を活かしつつ、耳鼻のどの疾患診療は勿論、「声(こえ)」「言葉(ことば)」に悩んでおられる方々に対してもより良い医療を提供してゆきたいと思います。
これからどうぞ宜しくお願いいたします。
望月 隆一

平成 3 年
兵庫医科大学卒業

平成 4 年
大阪大学医学部 耳鼻咽喉科

平成 5 年
国立大阪病院 耳鼻咽喉科

平成11年
大阪回生病院 耳鼻咽喉科 勤務

平成13年
同上        部長

平成16年
大阪大学大学院 医学系研究科 非常勤講師
大阪回生病院 大阪ボイスセンター 部長

平成 22 年
神戸女学院大学 音楽学部 非常勤講師

平成 25 年
大阪厚生年金病院耳鼻咽喉科
大阪ボイスセンター 部長(音声担当)

平成 27 年
JCHO大阪病院(旧大阪厚生年金病院)
耳鼻咽喉科 診療部長

[公職]
日本音声言語医学会 評議員
日本気管食道科学会 評議員
奈良医科大学    非常勤講師

[資格]
日本耳鼻咽喉科学会 研修指導医
日本耳鼻咽喉科学会 認定専門医
日本気管食道科学会 認定専門医

[所属学会]
日本耳鼻咽喉科学会
日本気管食道科学会
日本音声言語医学会
日本喉頭科学会
日本嚥下医学会

院長からのご挨拶

院長からのご挨拶

耳鼻咽喉科は、みみ・はな・のどを専門とする診療科です。 聞く・嗅ぐ・話す・呼吸をする・食べるなど、人が生活するうえで大切な役割を担っています。 しかし、外気など外からの刺激・影響を受けてアレルギーや感染を起こしやすく、非常にデリケートにできています。大切な役割を持つ みみ・はな・のどだからこそ、来院される患者様にはより質の高い健康な生活を送ってもらえるように努めてまいります。

私自身は、これまで耳鼻咽喉科の専門医として、みみ・はな・のどの疾患それぞれの診療に携わってきました。なかでも蓄膿症や鼻腔通気をはじめとする“はな”の領域に専心して診療にあたってまいりました。 その他、睡眠時無呼吸症候群や扁桃疾患などに関する専門外来や補聴器専門外来なども担当してきましたので、これまでの経験を活かして診療に精進していきたいと思います。

患者様と一緒に最善の治療を心がけ、少しでもお力になることができれば幸いです。よろしくお願いいたします。
厚見 拓

平成18年
東海大学医学部医学科 卒業

平成19年
東海大学医学部付属病院 研修医

平成21年
東海大学医学部付属病院 耳鼻咽喉科

平成25年
同上       助教

平成27年
東海大学医学部付属八王子病院

平成29年
東海大学医学部付属大磯病院

[資格]
日本耳鼻咽喉科学会 認定専門医
厚生労働省 補聴器適合判定医

[所属学会]
日本耳鼻咽喉科学会
日本鼻科学会

理事長からのご挨拶

昨今の医療技術は日進月歩であり、より医療は専門化・細分化が進んでおります。その中で、我々が患者様の為に出来ることは何でしょうか? 当院では、全ての患者様の耳鼻咽喉科に関する全ての症状の最初の窓口として、以下の方針の下に診療を行っております。
的確な診断
当院では各患者様の症状を判断し、当院において治療が可能であるのか、あるいはしかるべき専門性を備えた病院に紹介することが良いのか、患者様にとって最良と思われる方法を、迅速にご提案することを心がけています。そのため、全ての患者様を当院だけで引き延ばして診療を続けることは致しません。
クリニックに従事するドクターにとって最も必要な事は的確な診断力と考え、時代と共に表れる多くの新しい症状にも対応できるべく、クリニックを挙げて研鑽を重ねております。
また、疾患に対しての診断、原因、治療方法をしっかりと説明した上で、診断だけではなく、今後の治療の方針をしっかりと明示することを心がけております。極力専門用語を使わず、やさしくわかりやすい診察を行うことも同時に心がけています。
最先端医療施設との連携
診断後に病院などで治療を行う方が良いと判断した場合は、各症状、そして患者さんのライフスタイル等を、総合的に考慮した上で患者様にとって最善と思われる医療施設へのご紹介を行っています。
患者さんにとって最善の治療が実現できるよう、大阪市大附属病院をはじめ、科を問わず多くの最先端の設備を備えた医療機関との協力体制を構築しています。
患者様にとって心地よい接遇の充実
あべのハルカス坂本耳鼻咽喉科では、患者様がより気持ちよくご納得して診察を受けて頂けるよう、ドクター、スタッフの接遇レベルの向上に取り組んでおります。毎朝の朝礼と月に1回の定例ミーティングを開催し、日頃の対応で気付いた点を話し合い、スタッフからの改善の為の提案も出してもらっています。
当院はスタッフが常時8~9名勤務しており、他の耳鼻咽喉科に比べ、やや多めの配置となっています。これはスタッフを多くすることにより、ゆとりを持って勤務してもらい、一人一人の患者さんに少しでも丁寧な対応ができるよう心がけているからです。
一般企業では、経費削減のためにスタッフを減らすという話をよく聞きますが、その考えは医療においては該当しないと考えます。なぜなら我々は物を販売しているわけではなく、患者様の身体を預かっているからです。
患者様が来院しやすい体制の構築
通常、耳鼻咽喉科において患者様が最も不満に思われることは、「待ち時間の長さ」についてです。あべのハルカス坂本耳鼻咽喉科では待ち時間は極力短縮するべく、基本的にドクター2名での診療を行い、なるべく患者様にお待ちいただかなくともよい体制を構築しております。
また、お忙しい方でもお越しになれるよう、受付時間を長く設定し、土曜日も診療を行っております。
町の診療所と総合病院に中間に位置する診療体制の構築
当法人では、1次診療と呼ばれる「町の診療所」と、2次診療の「大学病院・総合病院」の中間に位置するレベルの医療提供を可能にすべく、耳鼻咽喉科医院では少ないチーム診療への移行を進めて参りました。人材育成を特に重視し、医療設備も最新の機器を拡充させ、チームとしての医療を実践しています。
医療法人坂本会 理事長
坂本クリニック 院長
理事長 坂本 平守

昭和34年8月9日生まれ

平成4年
大阪市立大学医学部大学院卒業

平成4年
医学博士号取得
日本耳鼻咽喉科学会専門医取得

平成6年~平成6年
大阪市立桃山市民病院勤務
大阪市立総合医療センター勤務

平成6年~現在
医療法人坂本会 理事長・院長

[公職]
大阪市立大学医学部耳鼻咽喉科講師(非常勤)
(社)日本耳鼻咽喉科学会 代議員
(社)大阪府耳鼻咽喉科医会 理事
大阪市立大学 医学部耳鼻咽喉科同門会会長

[資格]
日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
日本耳鼻咽喉科学会 補聴器相談医
日本めまい平衡医学会 めまい相談医

[所属学会]
(社)日本耳鼻咽喉科学会
耳鼻咽喉科臨床学会
日本聴覚医学会
日本めまい平衡医学会
日本耳科学会
日本鼻科学会
日本小児耳鼻咽喉科学会
初めて受診される患者様へ
初めての患者様におかれましては診察終了時間の
15分前までに受付をお済ませください。
問診票のご記入、カルテの作成に時間を要する為、
他の患者様に比べて診察までに時間がかかります。
ご了承ください。

当グループ監修サイト